« やなせたかし先生88歳米寿のお誕生日パーティーに出席させていただきました☆ | トップページ

主人公のススメ

私は小さい頃からずっと、何だか生きにくい、生きづらい、居心地の良くない世の中だなぁと感じてて、そんな自分が生きてゆくには自分を変えるか(俗にも染まれるタフな人間になる)、自分がいま生きてる世界を変えるか(少しずつ自分の色に染めてくか)しかないと思ってて、どっちもラクなことではなくて、そんで、だったら私はやっぱり世界を変えてくほうを選びたいなぁと思ったのです。
自分を変えることと世界を変えることはよく同じだっていうけど、私の中では同じじゃなくて。
それが出来なきゃ「死」が訪れるだけで、普通に考えて。どのみちこのままの世界では息苦しくて生きられないから。
人と人とが争ってるのとか残酷なこととかを聞いたり目にしたりするのが本当に嫌なので(意識的にそういうニュースや映画とかを見ないようにしていなかった頃はよく寝込んでいました)、これをどうにかしたいと思うのは、人の為というより自分の為だな、と思う。
みんな、自分がこうなりたいなぁとか、ここが嫌だなぁ、ここを直したい、どうにかしたいなぁということの為に頑張ったりするんではないだろうか。
集団になっちゃったり誰かを崇めたりっていうのはなんだかそれは違うので、個々に、ひとりひとりが自分を信じて自分の人生の主人公になって、自分の得意分野でやっていってほしいと思う。他人を観察したり批判したりするより自分が人生の主人公になるほうが大変だけど楽しいよって。
‘何度も諦めそうになるけど、不可能だと思って諦めちゃったらやること無くなるのよねー’
自然や動物を愛でたり、家族とか大切な人への感謝や優しい気持ちを忘れないで、っていうメッセージ、祈りは届くかな。
言葉で伝えようとすると、やっぱりう゛ーん、あなた自身がそこまで言える自分なの?っていう自分の内側外側から声が聞こえてくるので、私にやれることといったらとっとと黙々と絵を描くことのみなのであります。

|

« やなせたかし先生88歳米寿のお誕生日パーティーに出席させていただきました☆ | トップページ

コメント

う~ん。
考えてることとかじっくり聞いてみたい気がします。議論じゃなくて、もっともっと内面的な所を聞いてみたいです。

投稿: isao | 2008年3月20日 (木) 22時27分

はじめまして!
おサルのウッキーです。どうぞ、よろしこ!
m(_ _)m
ボクはサルですが、この文章にとても感じるところがあったよ。
少しづつでもいいから変えていこうとする事、派手ではないけど、とても大変な事をボクは知ってるよ。
苦しい時もあると思うけど、どうか諦めないでね。何十年とたって、もしあなたがいなくなってしまっても、あなたの子供達(絵)はあなたが伝えようとしていたこと、色あせず伝えようと頑張ってくれていると思うよ!
あなたの絵が存在するかぎり、そこにこめた心はこの世界を少しづつやさしくしてくれるでしょう。

投稿: ウッキー | 2008年3月24日 (月) 00時10分

komennto-itumo-osoku-natte-simatte-
gomennnasai!

totemo-sutekina-messegi-desune!
doumo-arigatou-gozaimasu!

watasi-mo-jibunn-no-jinnsei-no-syujinnkou-ni
-natte-ikitaina-!!!!!

投稿: HAPPY RIE | 2008年3月25日 (火) 11時30分

isaoさん
それは...危険です。がっかりさせちゃうと思う。付け焼き刃の心、すぐボロが出ます笑。そして、突っ込まれるとすぐ意見引っ込めちゃう弱い人間です。
主張とか議論が出来るような人間だったなら、絵を描いてないだろうな...。
ウッキーくん
おサルさんからコメント来たの初めてです!笑ありがとうー^^。そしてよろしこ!
すごく、ジーンとくる心に響く言葉をありがとう。この今の人生で、やれるとこまでやってみよう、いけるとこまでいってみようと思います。
昨日、子どもたちの似顔絵を描きながら、たくさんのキラキラ生き生きした瞳と笑顔にふれて。生命と魂の輝きにあふれていて、すごく希望を感じて。
自分の人生で得てきたものを常に常にふるいにかけて、キラキラした良いものだけを遺してあげたいと思いました。

HAPPY RIEさん
HAPPY RIEさんは、もうすでに主人公ですよ^^。HAPPY RIEさんの人生、聞けば聞くほど私なんかよりもずっとずっとドラマチックですもの。

投稿: ちずか | 2008年3月30日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やなせたかし先生88歳米寿のお誕生日パーティーに出席させていただきました☆ | トップページ