« 受賞式の写真 | トップページ | MAGURE大賞受賞式☆その③ »

MAGURE大賞受賞式☆その②

会場には、昨年、一昨年受賞された方々もいらっしゃってました(MAGURE大賞は今年で第3回目)。簡単なリハーサルが終わり、いよいよ、やなせ先生が会場にいらっしゃいました。颯爽と現れたこの日の先生、ベージュ色のテンガロンハットにジャケット姿で背筋がピンとしていてかっこ良かったです。
ズボンの裾を上げると、なんとそこにも88の数字&アンパンマンのデザインのベージュ色のソックス!どこまでもユーモア&サービス精神の方です。
一人ずつ呼ばれて楯&賞金&お茶代^^をいただき、金メダル(先生いわく時価一億円の(笑))を首にかけていただきました。楯には、「猫柳のうぶ毛のようにやわらかい感性で描かれた美少女たちの抒情的画風に対して賞をおくります」と書かれていました。そして一人一人に、ありがたい激励のお言葉もいただきました。「こういう綺麗な美少女画というのは他で出してもなかなか入選しないんですね。そうだろ?」とこちらを振り向かれて言われたので思わず「はい..」と答えてしまいました(笑)。「でも世の中にはこういう綺麗な絵を欲しいという人も必ずいるんですね」等々ありがたい言葉をたくさんいただきました(ちゃんと覚えていなくて残念)。また、かつて、周りの人の大反対を押し切っておおた慶文さんを推したときのお話などをして下さって、もう、すべてが有り難過ぎて、涙ぐんでしまうほど幸せな時間でした☆

(私の情けないばっかりの人生に、こんなにステキなことが起きるなんて、思わなかった)

|

« 受賞式の写真 | トップページ | MAGURE大賞受賞式☆その③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受賞式の写真 | トップページ | MAGURE大賞受賞式☆その③ »