« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

暗いとこで見ると

暗いとこで見ると
何となく発光して見える感じ、わかりますか?
(ちなみに押入れの中です(´∇`)笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一息

もう一息
もう一息

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラーコンタクトレンズを入れてるような目になっています。

カラーコンタクトレンズを入れてるような目になっています。
描き途中の目です。

眼球の白い部分にも青みが無く、まだ魂の入っていない、無機質な感じがしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに縁起良く

さらに縁起良く
睫毛は8本にしました(8=八=末広がり)。

さらに、縁起が良くなるように隠し色として金色を使います。

こうして描いている最中にも、アイデアがどんどん降りてきます。
今からでも採用可能なアイデアは、作品のなかにどんどん取り入れて描き足していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集中力が途切れないように

集中力が途切れないように
指が届かない細かい部分は、綿棒を使ってパステルを塗っていきます。
余分な粉が削れて出ていくので、息を吹き掛けて粉を払いながら仕上げていきます。

大袈裟かもしれないけど、ミケランジェロが描いたシスティーナ礼拝堂の『天地創造』天井画の、父なる神の手がアダムに生命を吹き込む場面の様に、絵に自分の生命を吹き込んでるような感覚があります。

指で色を塗るときにも、優しく大切に撫でるように塗ると、発色が良くなるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと


ダルマちゃん1体、仕上がってきました(^^)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人物や物質が発光している感じを出すために

人物や物質が発光している感じを出すために
いつも輪郭にネープルスイエローを用います。

そのものが持つ、エナジーというのか、生命力の表現です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なめらかな肌の質感を出すために

なめらかな肌の質感を出すために
オレンジ色鉛筆の下絵の上からこの3色を、納得のいく肌質になるまで何度も重ね塗りしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだザックリ過ぎる

まだまだザックリ過ぎる
DMイラストのイメージ下描き。

どうしようどうしよう、悩むなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だるまさん下描き

だるまさん下描き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい写真

懐かしい写真
福岡のイラストレーター・白土文子さんから、
「携帯の写真を整理してたら見つけました」と、懐かしい写真が送られてきました♪

たぶんマグレ大賞受賞の翌年、今から6年前だと思います。

やなせ先生もお元気そうな笑顔でステキな写真♪(私はちょっと緊張気味ですね(´∇`)笑)

秋の展覧会までこの写真を励みに頑張ろうーo(^∇^)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ

やるべきことをやらなくてはなりません。

そう、秋のグループ展開催に向けての準備です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »