« 散財しちゃいそう | トップページ | やなせ先生がいつもくれたのは「生きていくんだ」っていうメッセージでした。 »

やなせたかし先生

今年2月のお誕生日会でもお元気そうで、「俺はもうすぐ死ぬ人間なんだ」「皆さんにお会いするのは今日が本当に最後です」というブラックジョークが毎年恒例だったので、何だかやなせ先生はずっと死なない人のように思っていました。

ちょうど12日の夜に『詩とファンタジー』最新号のやなせ先生の詩「『今日、もうダメだ』と思っても、『明日もう1日ぐらいは頑張れるかもしれない』その繰り返しでここまでやってきた」という言葉を読んで励みにしていたとこでした。

まだ信じられないけど...、
やなせ先生、ずっと会いたかった最愛の奥さん・暢さんに会えたかな。

私もいつか、そっち側に行く日まで、先生の言葉を胸に頑張りますのでどうか見守っていて下さい。

最後にやなせ先生のステキな言葉をひとつ。

『一日一日は楽しい方がいい。たとえ十種の病気持ちでも運は天に任せて、できる限りお洒落もして、この人生を楽しみたい』

|

« 散財しちゃいそう | トップページ | やなせ先生がいつもくれたのは「生きていくんだ」っていうメッセージでした。 »